1. TOP
  2. TOPICS

育てたように人は育つ

2014年8月27日 19:07

質問を活用して業績を上げる質問コンサルタントの日小田正人です。

経営者やリーダーにとって、人の育成は永遠の悩みではありませんか?

私は講演や研修でこんな話しをよくお伝えします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「育てたように人は育つ」

ほめても、しかっても、どのように接したとしても、
人はそれに応じた育ち方をする

子を見れば、親がわかり、
部下を見れば、上司がわかり、
社員を見れば、社長がわかる

人が勝手に育つことはない
人は育てたように育っている

自分のまわりにいる人は、自分の鏡である

相手がそうしているのは、自分がそうしてきたから
相手が本気になっていないのは、自分が本気になっていないから
怒らないとやらないのは、怒ってやらせてきたから
まわりが助けてくれないのは、自分がまわりを助けてこなかったから
部下が上司を信頼しないのは、上司が部下を信頼してこなかったから

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この話は講師仲間が紹介してくれました。

私自身、子育てや部下育成を振返り、

「なるほど、そのとおり!」

と思い、機会あるごとにお伝えするようになりました。

経営者向けの講演でこの話しをご紹介したところ、

創業経営者の方から

「自分の子供は学習塾に通わせるけれど

 社員には学ぶ機会すら与えていない。

 いや、むしろ学ぶ時間さえ奪っているかもしれない。

 これから、学ぶ時間を作ります!」

と感想をお聞かせいただきました。

その後、その社長様の会社に研修で何度かお伺いすることになりました。

研修終了後、取引先から

「おたくの社員が生き生きと働くようになったね!」

とお褒めの言葉を多くいただいたそうです。

「部下を育てようとすれば、部下は育つ。

そう信じることができるようになりました。

気がついてよかったです。

おかげさまで、業績も順調です。」

と社長様からメールをいただきました。

社員や部下が育ってほしいという期待は経営者なら必ず持っています。

では、社員や部下が育つために場を提供しているかどうか

見直していただきたいことです。

「みなさまの会社では部下や後輩をどのように育てていますか?」

……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
株式会社日小田コンサルティング
HP:http://hioda.jp
________________________________________________

【売上の壁を超えるメールマガジン】

●売上には壁がある その壁を越える方法をお伝えしています!

登録はこちら
……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

質問コンサルタントの起業ストーリー【その6】

2014年8月27日 10:46

質問を活用して業績を上げる質問コンサルタントの日小田正人です。

私がコンサルティングの場面で常に意識していることがあります。

それは、

「関わりを持った方々が満足するためにできることは何だろうか?」

という事です。

私が初めて転職した会社は、業績が拡大中で上場も視野に入れ、
人と仕組みの充実を進めておりました。

ところが、あることがきっかけで業績が急降下しました。

そのため、会社を縮小しなければならず多くの社員に迷惑をかけることになりました。

そんな経験から、

「経営者と社員の双方が満足できる会社づくり」

これを実現することが私のミッションであると心に刻みました!

研修の場面でも、

「企画する人と受講する人の双方が満足できる研修づくり」

を目指しています。

それが実現できれば、私の満足度も上がり、
三方良しが実現できると信じております。
……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
株式会社日小田コンサルティング
HP:http://hioda.jp
________________________________________________

◎当社発行メルマガ↓ご購読下さい!
●売上の壁を超える方法メルマガ
https://www.mshonin.com/form/?id=438134192
……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

質問コンサルタントの起業ストーリー【その5】

2014年8月18日 08:58

質問を活用して業績を上げる質問コンサルタントの日小田正人です。

・せっかく再スタートを始めるので新しいことを始めたい!
・でも売上をつくらなきゃいけない!

という事から行った行動は

1.とにかく学ぶ
2.それと同時に今までの経験でお金になることをする

です。

もちろん1の方が比重が大きかったです。

「人生を豊かにするために私がなすべきことは何だろうか?」
この問いの答えを見つけるために
色々な講座やセミナーに参加しました。

自分への問いかけ方(質問)をマツダミヒロさんに学んだり、
山口佐貴子さんに
たくさんの本から情報を得るために
フォトリーディング(速読)を学んだり
人生をリモデルする講座に参加したりしました。

そこで共通していたことは

「期待することを手放し貢献できることをする」

言い換えると

「目の前の人の幸せに貢献できることは何ですか?」

と言う質問を投げかけられていたと思います。
「目の前の人」を「お客様」に置き換えてみるとわかりやすいかもしれません。

これに答えてみると、自分がいつも期待しかしていないことに気がつきました。

何かうまく行かない場面に直面したとき、
それは「○○が悪いからうまくいかない」とか
他人のせいにしていたんですね。

それが、
「この出来事はひょっとしたら私が作り出しているかも」
と考えられるようになりました。

結果を自分でつくりだしたのなら、それは作り直すこともできる。

そう考えると随分と気が楽になったと同時に
成果が変わり始めたことを思い出します。

みなさまが目の前の人の幸せに貢献できることは何ですか?

……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
株式会社日小田コンサルティング
HP:http://hioda.jp
________________________________________________

◎当社発行メルマガ↓ご購読下さい!
●売上の壁を超える方法メルマガ
https://www.mshonin.com/form/?id=438134192
……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『研修企画の担当者必読!厳選研修プログラム100』で紹介いただきました!

2014年7月31日 17:18

研修堂さんが発行するメルマガ
『研修企画の担当者必読!厳選研修プログラム100』
にてご紹介いただきました!

 

質問コンサルタントの起業ストーリー【その4】

2014年7月24日 06:33

質問を活用して業績を上げる質問コンサルタントの日小田正人です。

みなさまがやりたいことは明確ですか?

私の住宅業界での経験をお伝えします。

私は40歳で初めての転職を経験いたしました。

「人を動かすコミュニケーションを極めるために実業経験をする」

そんな目的を持っていたせいか
転職よりも卒業のイメージが強かったです。

ご縁があって、
川崎市多摩区に本社がある株式会社セキヤマという地元のビルダーに
入社をさせていただきました。

コンサルタント会社時代に建設業専門の部署で仕事をしたことを
無駄なく活用することができました。

孔子ではありませんが

「40歳にして惑わず 一貫性を持って深掘りして極める」

ですね。

在籍した4年で

・ママに嬉しい!子育てに優しい住宅づくり

・年間誤差が数パーセントの原価管理の仕組み

・地域密着で成功する巡回型リフォーム事業モデル

・売り込まない営業で受注を伸ばす!

などのプロジェクトをすすめ
仲間とともに業績に貢献させていただきました。

一貫性のおかげで
住宅、建築、リフォームなど建設業様、建材メーカー様に
お声がけをいただいております。

ありがたいことです。

やらせれた行動より
やりたい行動のほうが良い結果が生まれます。

みなさまがやりたいことは明確ですか?

……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
株式会社日小田コンサルティング
HP:http://hioda.jp
________________________________________________

◎当社発行メルマガ↓ご購読下さい!
●売上の壁を超える方法メルマガ
https://www.mshonin.com/form/?id=438134192
……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

質問コンサルタントの起業ストーリー【その3】

2014年7月4日 17:14

質問を活用して業績を上げる質問コンサルタントの日小田正人です。

今回は私の仕事の基礎の確立を書かせていただきます。

仕事の基礎の確立について

みなさんは仕事の基礎をいつごろ確立されたでしょうか?

私が社会人をスタートしたのは昭和63年。

「人を育てるコミュニケーション」を身につけようと
日本コンサルタントグループという経営コンサルタント会社に入社しました。

日本コンサルタントグループは、人材教育を行う会社らしく、
礼儀(躾)
生活の自立
清掃、整理、整頓
などにこだわる厳しい社風がありました。

そのおかげで、
「礼儀」
「礼節」
「清掃・整理・整頓」
「仕事への取り組み姿勢」
「仕事の段取り」
「チームで仕事をして相乗効果を生み出す」
「始末」
「後輩を育てる」
ビジネスの基礎を身につけることができました。

社会人のスタート時点でビジネスの基礎を身につけられたことは、
大変ありがたいことでした。

私の仕事の基礎は、新入社員時代に学んだことが大きく影響しています。

最初が肝心!

________________________________________________

◎メルマガでは売上をテーマに書いています。ご購読下さい!
●売上の壁を超える方法メルマガ
https://www.mshonin.com/form/?id=438134192
________________________________________________

質問コンサルタントの起業ストーリー【その2】

2014年7月2日 16:46

質問を活用して業績を上げる質問コンサルタントの日小田正人です。

今回は、私が起業をするきっかけになった事をお伝えしたいと思います。

地元の神奈川大学にて経済学部に籍を置き学生生活を過ごしました。
入学当初は経済学にも興味が無く、アルバイトとサークル活動をしながら大半を過ごしました。

そんな私も大学3年生の後半に「人を育てる」ことに関わる機会をいただきました。
アルバイト先で新たなスタッフやサークルの仲間と関わる中で
「人を育てる」ことって面白い!
と感じるようになりました。

新しいアルバイトスタッフを育てるとき
かける言葉は同じなのに

やる気になるスタッフ
戸惑うスタッフ
ふてくされるスタッフ

この結果の違いは何だろう?
良い結果を生むためにどんな言葉をかけたら良いのだろう?

と考え始めました。

あとで気がついたことですが「人を育てるコミュニケーション」について
探求を始めたのです。

この「人を育てるコミュニケーション」の探求が私が起業をするきっかけになったと思っています。

ちなみに、コミュニケーションは一人では成立しません。

相手がいて初めて成り立つもの。
こちらが一方的に伝えても成り立たないし、伝えたい!
という視点ではなくどうすれば伝わるか?
という視点で行うことが秘訣です。

さらに言えばビジネスもコミュニケーションです。
自分が提供したいものを提供するだけではなく、相手が求めるもの、
相手が課題と思っているものを提供する。
それらをどのようにしてビジネスとして形にするのか?

私のコンサルティングの対価として受け取る利益はコミュニケーションが源泉だと思っています。

________________________________________________

◎メルマガでは売上をテーマに書いています。ご購読下さい!
●売上の壁を超える方法メルマガ
https://www.mshonin.com/form/?id=438134192
________________________________________________

質問コンサルタントの起業ストーリー【その1】

2014年7月1日 15:04

質問を活用して業績を上げる質問コンサルタントの日小田正人です。
さわやかな空気のつくばからおはようございます。

私が創業したのは今から4年前。

ビジネスでの経験は23年ありましたが、
いわゆる独立の経験はありません。

でも、この起業体験から学んだことは、
まさに人生を豊かにすることに活用できるものばかり。

きっと、起業したいと思っていないビジネスマンの方にも
役に立つものがあるんじゃないかな、と思っています。

ですので、これから数回に渡って、
私が「起業」したことでの学びを伝えていきたいと思います。

特に伝えたいことは、
<貢献に無縁だった起業当初>から<貢献を行い始めた経営>の
違いでの経験と学びです。楽しみにしていてくださいね。

……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎当社発行メルマガ↓ご購読下さい!
●売上の壁を超える方法メルマガ
https://www.mshonin.com/form/?id=438134192
……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

地元の会社が人材を採用するときの3つのポイント【どんな仕事内容かがわかりますか?】

2014年6月13日 11:21

質問を活用して業績を上げるコンサルタントの日小田正人です。

今回は応募者が会社の情報を見るときの3つめの問いについて書きます。
「どんな仕事内容かがわかりやすいですか?」

この問いは、応募者が
「自分のキャリアが活かせる仕事内容かどうか」
「今後やってみたい仕事はあるだろうか」
「新しく取り組んだ場合、仕事を教えてくれるかどうか」
疑問や不満を解決するために知りたい情報です。

どんな仕事があるのか、
そしてどんな仕事ができる人を募集しているのか、

がわかりやすく表現されている会社です。

応募する人は会社の情報を得るために、採用媒体を見ながらこんな問いをしています。
その問いに答える例も記載します。

・どんな仕事を募集しているの?
⇒問いに答える例:職種名、仕事の内容
応募者の視点は〇、
○「既存のお客様を訪問するルート営業」
○「店頭に見えるお客さまへの対面販売」
企業側の視点の表現は☓
☓「営業職」
☓「販売職」

・自分のキャリアが活かせる仕事内容なの?
⇒問いに答える例:入社して活躍している人の前職での仕事内容
○「法人を対象に提案営業経験者が活躍しています」
○「販売経験のない方も○○商品の提案で活躍中」
☓「経験者優遇」
☓「未経験者でも大丈夫」

・どんな仕事ができる人を募集しているの?
⇒問いに答える例:仕事の成果の
○「取引先の悩みを引きだし解決策を提案できる人」
○「お客様の不満や不安を同じ目線で考え
相談される人」
☓「問題解決」
☓「商品提案」
・今後やってみたい仕事はあるの?
⇒問いに答える例:募集している仕事だけでなく、他の仕事内容
○「スタッフやお客様からの対応サポートする
営業アシスタント」
○「店頭のスタッフの育成をサポートする店長」
☓「営業事務」
☓「店長」

・仕事を教えてくれるの?
⇒問いに答える例:教えるでなく、教え方
○「入社してから会社内容や仕事の基礎教育
○日があります」
○「売場では、1週間単位でテーマを決め先輩社員
が教えます、
もちろん理解度に合せます」
☓「現場でのOJT」
☓「先輩の同行指導」

募集媒体のエージェントでも企業側の視点で原稿作成をする方々もいらっしゃいます。

「応募者側の気持になった表現がされているかどうか」

「同じ言葉でもわかりやすく、簡潔に表現できているかどうか」

の視点で原稿を見直してみましょう。

採用媒体を活用して上手くいっている企業の3つのポイントについて
3回に分けて書かせていただきました。

1.何をしている会社かがわかりやすいか?
2.どんな人が働いているかがわかりやすいか?
3.どんな仕事内容かがわかりやすいか?

是非、
御社の採用媒体について
それぞれの問いに答え見直してみませんか?
________________________________________________

◎メルマガでは売上をテーマに書いています。ご購読下さい!
●売上の壁を超える方法メルマガ
https://www.mshonin.com/form/?id=438134192
________________________________________________

地元の会社が人材を採用するときの3つのポイント【どんな人が働いていますか?】

2014年6月13日 11:19

質問を活用して業績を上げるコンサルタントの日小田正人です。

同じ採用媒体を活用しているのに表現をかえたただけで
応募者数が2倍にも3倍にもなることがあります。

会社の中身が変わっているわけではありません。

会社の表現を変えただけです。

表現を変えるポイントは次の3つの問いの答えを表現することです。

3つの問いがあります。
1.何をしている会社かがわかりやすいですか?
2.どんな人が働いているかがわかりやすいですか?
3.どんな仕事内容かがわかりやすいですか?

今回はふたつめの、
「どんな人が働いている会社かがわかりやすいですか?」
について書きます。

どんな人が社長か、
どんな人が働いているか、

がわかりやすく表現されている会社です。

応募する人は会社の情報を得るために、採用媒体を見ながらこんな問いをしています。
その問いに答える例も記載します。

・どんな人が社長だろう?
⇒問いに答える例:社長の写真

・どんなこだわりがある会社だろう?
⇒問いに答える例:会社の歴史、経営理念、ビジョン

・どんな人が働いているだろう?
⇒問いに答える例:社員の写真(個人、集合)、職場で働く風景、レクレーション風景

・お客さまは会社をどのように見ているだろう?
⇒問いに答える例:お客さまの声、顧客アンケート

・取引先や地域の人は会社をどのように見ているだろう?
⇒問いに答える例:取引先の声、地域住民の声

最近はハローワークでも会社情報に画像が掲載できるところもあります。
文字で表現しにくいことは写真などをうまく活用しましょう。

応募者の面接をしてみて、
「こんな人はうちの会社に合わないなあ」
こんな感想をお持ちになったことはありませんか?

それは、
「採用媒体の表現が、うちにあわない人が応募する表現がされている」
のです。

今一度、入社してほしい人材を描き直し、
採用媒体の表現を見直してはいかがでしょうか?

次回は、3つめのポイント
「どんな仕事内容かがわかりやすいですか?」
について書きます。