1. TOP
  2. TOPICS

地元の会社が人材を採用するときの3つのポイント【何をしている会社ですか?】

2014年6月13日 11:17

質問を活用して業績を上げるコンサルタントの日小田正人です。

最近クライアントから人材採用に関するご相談が増えております。

ハローワークや募集のサイトなど、採用媒体を使う企業がほとんどです。

採用媒体を活用して上手くいっている企業はこんな質問を自社に問いかけています。

3つの問いがあります。
1.何をしている会社かがわかりやすいですか?
2.どんな人が働いているかがわかりやすいですか?
3.どんな仕事内容かがわかりやすいですか?

今回はひとつめの、
「何をしている会社かがわかりやすいですか?」
について書きます。

どんな事業をしている会社か、
どんな価値をお客様に提供しているか、

がわかりやすいことばで表現されている会社です。

わかりやすいとは、
大人が読んでわかるのではなく、
中学生が読んでもわかるくらいの表現が必要です。

たとえば、ハウスメーカーや工務店であれば、
「家づくりを通して快適な住まいを提供する」
「○○を使った丈夫な家づくりで安全な家を提供する」
などです。

ここに、地域がわかることばが入れば、エリアがわかります。
「横浜・川崎エリアで、家づくりを通して快適な住まいを提供する」

時間を表現することばが入れば、お客様とのかかわり方がわかります。
「○○を使った丈夫な家づくりで100年安全な家を提供する」

ここがあいまいだと、主として賃金や福利厚生面などを転職の条件に会社選びを
している人が応募してきます。

そんな人材は、賃金や福利厚生が満たされないと辞めてしまう人材です。

長く働いてくれる人材を採用したい企業は
「何をしている会社かがわかりやすいですか?」
に答えられているか?
が表現されているか?

見直してみてはいかがでしょうか?

次回は、2つめのポイント
「どんな人が働いているかがわかりやすいですか?」
について書きます。

プロジェクトB

2014年6月10日 03:21

質問を活用して業績を上げるコンサルタントの日小田正人です。

梅雨空がひと段落した横浜からおはようございます。

現在、「プロジェクトB」という、その分野のスペシャリストが参加してコンサルティングファームをたちあげるプロジェクトに参加しています。

一人ひとりの卓越した専門性を活用し、それぞれのお客様が持っている悩みを解決し業績を上げようというプロジェクトです。
スタートして3ヶ月ですが、その間、どんな貢献ができるかを深掘りしてきました。

集まる方々はすべて社長さま。

もちろん、ご自身の会社を経営する傍ら、本プロジェクトに参加されております。

WEB構築のプロ、マーケティングのプロ、財務のプロ、不動産のプロ、補助金のプロ、事業承継のプロ、などなど。

わくわくするメンバーが集ってきています。

来月からいよいよ対外的な始動のための準備が着々と進んでいます。

みなさまの悩みもこれで解決できます!

改めて詳細内容はご紹介させていただきます。

日経BP社主催「部下育成講座」に登壇します。

2014年1月29日 09:51

日経BP社主催「~女性部下を持つ現場リーダーのための~部下育成講座」に登壇します。

本講座では、「質問力」の第一人者である松田充弘とビジネス質問家の日小田正人が、

“女性部下の育成”に特化し、グループワークを中心にした実践形式で、

「やる気の上げ方」「コミュニケーションの仕方」

などの部下育成術を分かりやすく解説。

また、実際に女性部下の育成で成功している企業事例を用いて、日々の仕事の課題解決に役立つ「質問力」を伝授します。

「質問力」によるスキルは単に仕事の成果に繋がるだけでなく、あなたの人生を充実させる大きな武器にもなります。

本講座で伝授する「質問力」で「仕事力」と「人間力」を劇的にステップアップしてください。

日程は、2014年1月29日と2月5日の2回シリーズ、両日とも14:00-18:00です。

詳細は下記URLを参照ください。

http://mkt.nikkeibp.co.jp/semi/140130/